会社概要

Cavendish Farms® は J.D. Irving, Limited の一部門です。

15,000 名の従業員を抱える当社は、食品をはじめ、次の事業

を展開しています。

•造船および工業、建設

•小売、流通

•消費者製品

•木材製品

•輸送

当社の 131 年間に渡る成功は、次の要因によって達成された

ものです。

•質の高いサービス

•質の高い製品

•顧客満足の追求

Cavendish Farms®のあゆみ

1980 年 - Irving Group が、カナダの PEI にある

C.M. McLean のポテトと野菜加工施設を買収し、Cavendish

Farms と名称を変更®1996 年 - Cavendish Farms®は PEI に 2 番目となる

最先端の加工施設を建設

2001 年 - Cavendish Farms®は米国ノースダコタ州ジ

ェームズタウンに、米国初となる加工工場を確保

2004 年 - Cavendish Farms®は、トランス脂肪を廃止

し、100% 非水素添加油での処理に転換したポテト加工業者

となる

2005 年 - カナダの Holland College、Culinary Institute

of Canada と提携関係を締結し、Canada’s Smartest

Kitchen および最新の料理科学をサポート

2008 年 - 売り上げ 10 億ポンドを突破

2009 年 - Cavendish 創作料理センターを開設

- 北米最大のバイオ ガス工場が始動

- オンタリオ州ウィートリーの Omstead Foods

社のアペタイザー部門を買収

2010 年 - C 重油の使用に代わる天然ガス工場の建設完了

2012 年 - アルバータ州レスブリッジの冷凍ポテト処理工場

を買収

環境に対する当社の責任

2009 年、当社は北米最大のバイオ ガス工場を始動させまし

た。 これは、ポテト業界で初めて固形廃棄材を加工し、エネル

ギー生成に活用した例jとなりました。 そして、年間 220 万

ガロンの C 重油の代替として活用し、CO2 排出量を 3 万 メ

ートル トン削減しています。

2012 年には、C 重油から天然ガスに切り替え、

645 万ガロンの C 重油を削減しています。 この取り組みと

バイオ ガスの活用を組み合わせて、温室効果ガスの排出を

50% 以上削減しています。

革新

当社が育んでいる「革新」という企業文化は、Holland College

および Culinary Institute of Canada、Canada’s

Smartest KitchenTMとの戦略的パートナーシップの提携

という実績に結びついています。

Cavendish 創作料理センターは、Culinary Institute of

Canada 内に設立され、 1983 年よりシェフ養成に力を注

ぎ、今では年間およそ 140 名のシェフを送り出しています。

創作料理センターは、優れた拡張性を持つ加工機器といった

最新設備が自慢で、現在および将来的な創作を自在に行え

る機能を備えています。 最新の料理技術と世界的に有名な

Culinary Institute of Canada の専門知識が融合した当

センターは、変化を続ける消費者ニーズに対応します。

概念を最終的な製品という形にする、すなわち、お客様のビジ

ネスに必要な新しい画期的な製品を開発する設備を整えてい

ます。